前へ
次へ

必要性が高まってきた遺品整理|一人暮らし高齢者の支援

東京23区内だけでも毎年、3千人近い高齢者の孤独死しているデータが公表されています。そこで、行政サイドや町内会などが声かけや見守り活動をしていますが、亡くなってから相当な期間経過後に発見される高齢者が少なくありません。大都市圏には依然として周囲の目の行き届かない地域が多くあるようです。孤独死する人は亡くなる以前から一人暮らしをしている人が多く、親族間の付き合いも殆どなくなっています。中には、数日間、誰とも会話する機会のない人もいるようです。このため、亡くなったことの連絡を受けて親族が駆けつけても身の回りの生活振りが殆ど分からないので遺品整理しようとしても手の付けようがありません。晩年に断捨離生活を心掛けていれば日常的に使っている生活用品だけが残っているので素人でも遺品整理しやすいかもしれません。ところが、孤独死する高齢者の中には晩年、このように身も心も整理して生活している人は多くありません。時折り、孤独死した高齢者宅のリビングルームやキッチンがマスメディアに登場しますが目を覆いたくなるような散らかし放題です。日用品の他に本人が大切にしていたかもしれない貴金属類や絵画、骨とう品等の貴重品、或いは、保険、預貯金等の金融資産についても全貌を確認する作業は容易でありません。また、賃貸物件に入居していた人が亡くなったのであればすべてを整理して部屋を明け渡すまでにそれほど時間的余裕がありません。こういう時は遺品整理の専門業者に委託した方が精神的にも肉体的にも楽に整理できるようです。但し、遺品整理の仕事は最近になって急に必要性が高くなってきたわけですから、経験豊富な業者ばかりとは言えません。信頼できる専門業者の元には遺品整理に関する知識やその方法の研修を受けて遺品整理士の資格を持っている従業員がいます。また、貴重品を売買するのに必要な古物商許可証、或いは、家財道具を整理すればまとまった家庭廃棄物を廃棄する必要があるので、廃棄物の収集や運搬許可証を自治体から受けている業者が安心できます。こうした専門業者に遺品整理を依頼すると業者は亡くなった人の立場に立って不用品と必要品を選別するはずです。不用品は適切に処理し、必要品を換金する必要があれば信頼できる専門業者を紹介してくれるはずです。こうして、遺品整理が終われば孤独死した高齢者宅の家財道具や生活用品等もすっかりきれいになくなります。

https://ecoloop-osaka.jp/
大阪で最安値!アフターサービスも万全な不用品回収・処分サービスといえばエコループです

すべてスタッフがしてくれるので体への負担もかかりません
品物の仕分けや搬出・清掃まですべてスタッフがしてくれるので、お客様の身体への負担もかかりません。

低価格で遺品整理をしてくれる神戸にある会社
他社様の見積もり価格よりも安く、故人様の家をきれいに片付けます。

鑑定歴20年以上のベテランが鑑定士在籍

ただでさえつらいからこそ専門家にお任せしませんか?
進まない遺品整理は真心サービスの5rにお任せください

Page Top